腸の健康を考える 腸内環境って何?健康との関係は?

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

体がなんとなく重い、なんだかモヤモヤする、、、こういうことって時々ありますよね。

色々な原因が考えられますが、腸内環境がもしかしたら関係してるのかも。消化吸収だけでなく免疫にも影響する腸のこと、考えて見ましょう

 

腸内細菌を考える

腸内細菌とはその名の通り腸内にいる細菌のことです。

この腸内細菌ですが人の腸の中にはなんと100種類以上もいるのです!数にすると100兆個も存在するのです。

 

この100種類以上の最近は種類ごとにグループを形成して集まって、腸の壁面で住んでいます。集まって住んでいる様子を見ると植物が群生しているように見えることから、お花畑を意味する英単語「flora (フローラ)」を使って「腸内フローラ」と名付けられました。

お花畑って言ってもバイ菌でしょ!腸にそんなにバイ菌がいるなんでいやだ!と思った方ももしかしたらいるかもしれません。

しかし腸内細菌たちは私たちの体に良い影響を与えるものがたくさんいます。この体に良い影響を与える菌を総称して善玉菌と呼びます。

他に体に良くない働きをする悪玉菌、善玉菌でも悪玉菌でもない中間の菌、と大きく分けて3種類の菌が私たちの腸の中で暮らしているのです。

通常中間の菌が多くて次いで善玉菌が多く、悪玉菌は少数派です。

 

善玉菌と悪玉菌

腸内環境を考えるにはまず、善玉菌と悪玉菌がどんな菌なのか考えるととてもわかりやすくなります。まずは善玉菌から考えて見ましょう

善玉菌は体の中で何をしているのでしょう?

善玉菌には、乳酸菌・ビフィズス菌といったものが属します

善玉菌は腸の中で乳酸菌や酢酸などを作ります。

この乳酸や酢酸は腸内を酸性に保ちます。この状態は善玉菌にとっては居心地が良いのですが、悪玉菌や他の病原菌には住みにくいため、悪玉菌が増えるのを抑えて腸内の環境の改善、免疫力の強化が期待できます。善玉菌は同時にビタミンを作ってくれたり、コレステロールを減らす働きがあったりと人間にとっては良き相棒なのです。

次に悪玉菌です

悪玉菌にはブドウ球菌・大腸菌・ウェルシュ菌といった体に良くない作用を示す菌が属します。

これらの最近は毒素を産生したり、発がん物質を産生したり、ガスを発生したりと腸の環境を悪くする作用があります。ほっておくと病気の引き金になります。食中毒の原因にもなったりするので人間にとっては厄介な住人ですね。

 

善玉菌を増やそう!

善玉菌を増やすためには何をしたらいいのでしょうか?

一つは直接食べることです。ヨーグルトや乳酸菌飲料が善玉菌をふくむ食品として代表的です。納豆などの発酵食品にも多く含まれています。定期的にこれらの食品を摂取することで腸内の善玉菌が増えることが期待されます。

もう一つは野菜やくだものをたくさん食べることです。これらの食品には食物繊維が多く含まれます。この食物繊維は善玉菌の食べ物になるのです。要するに善玉菌が好む食料になるものを積極的に摂取することで、善玉菌が増えるのを期待するということです。

 

悪玉菌を減らそう!

悪玉菌が増えないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

まずは悪玉菌が増えるということはどういうことなのか考えていきましょう。悪玉菌はタンパク質や脂質が中心な食事を摂ったり、不規則な生活をしていると増えていきます。

色々なストレスがかかっている状況も悪玉菌を増やすと考えられています。ということで悪玉菌を減らすには、バランスの良い食事を規則正しく食べることが有効です。これは善玉菌を増やすことにもつながりますので最近の食生活を一度考えて見ましょう。

 

腸内環境が正常化すると

腸内環境が正常化すると、便の性状が変わります。腸内環境が乱れていると黒っぽくて悪臭のある便がでます。逆に腸内環境が良くなるといろは黄色や褐色とやや薄くなり、匂いも悪臭ではなくなります。

腸の中にいる腸内細菌が便の中には多く含まれているので腸の中にどんな菌がいるのかを色濃く反映しているのが便というわけですね。

 

まとめ

今回の記事では腸内環境について考えていきました。

腸は私たちが取り込んだ栄養を日々吸収しているとても重要な臓器で

腸内環境の良し悪しはお腹だけにとどまらず、全身に及びます。

腸内環境が良くないと健康への道は遠ざかると考えても良いでしょう。

今回の記事で紹介をしたことをまとめて見ましょう。

①腸内環境は「善玉菌」「悪玉菌」「中間の菌」がそれぞれどれだけいるかによって決まる。

②善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことが腸内環境の改善になる

③善玉菌を増やすためには直接摂取する方法と、善玉菌の食料となる食物繊維を多くふくむ野菜や果物を多く摂取する方法がある。

④悪玉菌を減らすにはタンパク質・脂質中心の食事を考え直し、規則正しい生活をする。

⑤腸内環境がいいのか悪いのかは便を見たらわかる。

 

腸内環境という抽象的な言葉に対するイメージをこの記事掴んでいただければ幸いです。より良い腸内環境でより健康な日々を送りましょう!

More to explorer